いつもの坐骨神経痛で足が痛い
いつもの坐骨神経痛で足が痛い
ホーム > > 妊娠による日常の腰痛

妊娠による日常の腰痛

腰痛なんて今まで知らないくらいなかったというくらい腰痛とは無縁でした。

しかし私が人生初の腰痛を経験したのは妊娠をしてからでした。

妊娠をきっかけにすこしずつ重たくなっていくお腹と、すこしずつ、つわりだとかの妊娠の症状が出る際に身体の負担が毎日の様に積み重なりました。

家事をしていると、とにかく腰にくる!重たい!痛いなど本当に動けなくなるほどでした。

マッサージや何か楽になる方法はないかと探したところ、妊娠中と聞いただけでどこのお店も拒否が当たり前でした。

妊娠中の方をマッサージすると早産になると言われているようなのです。

なので責任の追及などもあり、マッサージや整体などもだいたいはNGでした。

そんな中で自己流で毎日のマッサージを続け、旦那さんにも協力してもらい必死に毎日のケアを自らで行ったのとを鮮明に覚えています。

旦那さんの協力の元マッサージを行うと、腰痛にはもちろん妊娠している心のマッサージもかなり行うことができた!と心に強く残っています。

ひたすら痛い腰痛で逃げることができない痛みで日常とても感じやすい痛み。

それが腰痛ではないかと思います。

日常生活の中にある行動が引き起こし、日常生活にこそあるものなので、なかなか完治しにくいものではあります。

ですから自分を大切にするといったうえでのめあすになるのではないのかなとも思うのです。

無理をしたら悪化するので休む。

妊娠をして腰痛を経験してから学んだことです。


記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
このエントリーをはてなブックマークに追加